【絶対】Google AdSense(グーグルアドセンス)申し込み方法まとめ、審査コードが貼れない時の対処法【合格】

はじめに

こんにちは。

私は2019年の7月からWordPress(ワードプレス)で本格的にブログを始めました。Wordpressでブログを始めたからにはグーグルアドセンスを取り入れ、収益に繋げていきたいという気持ちがありました。きっとみなさんも私と同じような気持ちがあり、このページにたどりついたと思います。

グーグルアドセンスを申し込み後はグーグルアドセンスの審査コードを貼りグーグルからの結果を待ちます。しかし、私はなかなかグーグルアドセンスの審査コードを貼り付けることができませんでした。ツイッターでも嘆いていました(笑)


そのため、どのようにして私がグーグルアドセンスを申し込み、審査コードを貼ったのかその方法を書いていきます。

※ドメインやレンタルサーバーを既に取得し、ブログの記事を書いてからGoogle AdSense(グーグルアドセンス)に申し込むことをおすすめします。

グーグルアドセンスに申し込みをしよう

まずはグーグルアドセンスに申し込みをしましょう。申し込みをしないと何も始まりません。申し込みするにはグーグルアカウントが必要になります。事前にグーグルアカウントは作成しておきましょう。

Google AdSense(グーグルアドセンス)申し込み方法

インターネットで「Google AdSense」と検索します。検索結果が出てきて「Google AdSense」のリンクをクリックする下記のような画面が出てきます。


「申し込みはこちら」をクリックします。

Google AdSense(グーグルアドセンス)申し込み情報を入力

「申し込みはこちら」をクリック後

✔️サイトのURL

✔️メールアドレス

(私はgmailアドレスにしました)

✔️メールの受け取り設定

この3つを入力し、「保存して次へ」をクリックします。

「保存して次へ」をクリック後、下記の画面が出てきます。

✔️サイトのURL(入力しないこともあり)

✔️メール受け取り設定

✔️国

それぞれ入力します。入力終了後、「利用規約を確認し、内容に同意します」にチェックを入れ、「アカウントを作成」をクリックします。


個人情報の入力

「アカウントを作成」をクリック後のページでは「支払い先住所の詳細」のページになります。

名前と住所の個人情報を登録します。全てを入力し、「送信」をクリックします。

Google AdSense審査コードをコピー

「送信」をクリック後、下記のようなページが出てきます。


コードをコピーし、自身のWEBサイトに貼り付け後「サイトにコピーを貼り付けました」にチェックを入れ、「完了」をクリックします。

これでグーグルアドセンスへの申し込みは完了です。後は審査結果を待ちましょう。

Google AdSense(グーグルアドセンス)審査コードを貼り付ける

上記でコピーをしたGoogle AdSense審査コードを貼り付ける方法を紹介します。

※私はSTORK(ストーク)でカスタムをしています。

テーマを編集する

この方法はよくネットでも紹介されている方法です。ただ、私はこのような画面が出てきたため、テーマを編集し審査コードを貼るのはリスクがあると感じました。そのためこの方法で審査コードは貼りませんでした。

ヘッダーに貼り付ける

子テーマからの編集でも貼り付け可能だということを審査コードの貼り付け方法を調べていくうちに知りました。

ワードプレスにログインし、外観からカスタマイズを開きます。

アクセス解析コードをクリックします。

headタグの部分にグーグルアドセンス審査コードを貼り付ければOKです。

グーグルからの結果を待ちましょう。

プラグインで貼り付ける

プラグインからでも貼り付けが可能です。プラグインはどのテーマを使っていても利用しやすいですね。私はプラグインを使用して審査コードを貼り付けました。

▼私が使用したプラグインはこちらです。

プラグインから新規追加を選択します。

プラグインを検索しインストール後、有効化させます。

有効化後、グーグルアドセンス審査コードを挿入していきます。

設定から先ほどインストールしたプラグインを選択します。

その後このような画面が出てきます。

「Head and footer」の部分にある<HEAD>「ON EVERY PAGE」にグーグルアドセンス審査コードを貼り付けます。

貼り付け後下にスクロールし、「save」をクリックします。

これで貼り付け完了です!あとはグーグルからの結果を待ちましょう。

問題発生!審査コードが貼れない!

グーグルアドセンスの審査コードの貼り方を知った私は早速貼りました。まずは子テーマからならプラグインもインストールしなくていいし♪と試みました。しかし、どうやっても貼れません。


次にプラグインを使ってグーグルアドセンスの審査コードを貼ってみました。しかし、こちらも貼れません。やり方は間違っていないんだけど、、、と思いながら何回も審査用コードをコピーし直しては貼り、エラーが出るということを繰り返しました。ツイッターで助けを求めるといくつか回答をいただきましたが、その部分を確認しても問題は解決されませんでした。これなら、、、と思い再検索をかけまくりました。そしてたどり着いた答えがレンタルサーバーの設定です。

レンタルサーバーLOLIPOP(ロリポップ)の設定変更でコードが貼れた!

上述したように私がWordpressでグーグルアドセンスの審査コードが貼れるようになったのは、私が利用しているレンタルサーバーのロリポップの設定を変更したからです。どこの設定を変更していったのかをお伝えします。

ロリポップにログインします。

セキュリティを開き、WAF設定をクリックします。


WAF設定が開くとこのような画面になります。通常は設定状態が「有効」になっていますが、「有効」になっているためアドセンス審査コードが貼れません。審査コードを貼りたいドメインのWAF設定を「無効」に変更します。変更後問題なくアドセンス審査コードを貼ることができました♬



最後に

Google AdSense(グーグルアドセンス)に申し込みをし、収益化への一歩を踏み出せるよう応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です