「あなたのためを思って」と言って他人の心を傷つける人の特徴や心理|対処法

 

「あなたのためを思って」と言って何か言われたことはありますか?

これって本当に「あなたのため」なのか疑問に思ったことがある人もいると思います。

「あなたのためを思って」という言葉にはどのような心理が隠れているのでしょうか。

このような言葉をかけてくる人は一見するといい人のように感じますが、果たしてそうなのでしょうか。

「あなたのため」と言ってくる人の心理を知り、あなたにとって不都合なことにならないように対処法も学んでいきましょう。

 

「あなたのためを思って」と言い人の心を傷つける人の特徴

 

では、「あなたのためを思って」という人の特徴を紹介していきます。

あなたの周りにいないか、あなた自身は当てはまるか確認しながら読んでいくと面白いです。

 

◆あなたに思い通りに動いてほしい人は誰?親・先輩・上司・恋人・家族・友人など

 

「あなたのためを思って」と言ってくる人の特徴として、あなたをコントロールしたいと思っている場合があります。

「あなたのためを思って言っている、〇〇した方がいいよ」と言う場合はそういっている本人の思い通りに人を動かしたいという気持ちが隠れています。

また、「自分がその人にとって良いことだろうと思い込んでいる価値観をを相手に押し付ける人」でもあります。

 

実は私も仕事の先輩から「あなたのことを考えて言っている」と言われたことがあります。

その時は「ありがたいな」と思っていましたが、だんだんと「本当に私のためを思って言ってくれているのか」疑問に思うようになりました。

では、なぜ私は疑問に思うようになったのか?

それは、、、私に対する先輩の態度があからさまに悪いからです。

笑ってしまいますよね。

先輩と接していくうちに本当に私のためを思って何か言ってくれるような人がする態度ではないなと確信しました。

先輩本人は意図しているのかしていないのかはわかりませんが、先輩の悪態から私は「ありがたいな」と思い続けることはできませんでした。

 

「あなたのため」と言いつつもあなたをコントロールしたい「自分のため」であったりもします。

誰かが「あなたのためを思って」と何か言葉をかけてきても本当に自分のためになるのかどうかはあなた自身が判断していいのです。

「あなたのためを思って」と言われたことを全て受け止めていたらあなたの考えや意志は抑えられ、なかったことにされてしまいます。

それでもいいのでしょうか?

「あなたのためを思って」と言われたとしてもその言葉の情報の取捨選択はあなた自身で行っていきましょう。

 

◆あなたを傷つけるような言葉を言ってもいいという言い訳にする

 

「あなたのためを思って」と言えばどれだけひどいことを言っても許されるのでしょうか?

「あなたはダメな人間、そう言わないとわからないでしょ、あなたのために言っている」

と言われて傷つかない人がいるのでしょうか?

言われた人が傷ついてしまっていても「あなたのため」を思って言っていればいいのでしょうか?

「あなたのためを思って言っているのだからひどいことを言っても悪くない」と逃げ道を作っているように感じます。

 

確かに、誰かに何かを伝えるときに事実をハッキリと伝えなくてはならないときもあります。

しかし、そのような時は相手を傷つけるようなことではないことの言葉選びや普段からの接し方が重要になってきます。

傷つくような言葉を選んで言ってくるのは、受け取とる側もわかりますし、いい気分はしません。

 

また、普段の接し方や信頼関係が築かれていれば物事をハッキリと伝えたとしても受け取る側は「自分のため」に言ってくれていると受け取ることができます。

もし「あなたのため」と言われ、それが下心のない気持ちなのかわからない場合は言ってきた人が普段どのように人と接しているのかをふり返ってみましょう。

ふり返り「あなたにため」と言えばきつい言葉をいてもいいと思っている人なのかどうかを見極めていきましょう。

言われた言葉を受け取って傷ついても「あなたのため」という言葉があるばかりに、その傷つけられた言葉の中から経緯や愛情を探す必要はありません。

ある言葉を言われてあなたが傷ついたという事実の方が重要です。

 

「あなたのためを思って」と言い人の心を傷つける人の対処法

 

「あなたのためを思って」と言い人の心を傷つける人はどのような特徴をしていてどのような心理なのかを深く説明してきました。

あなたの身近にもそのような人はいましたか?

 

また、気づかないうちに誰かに「あなたのためを思って」と使ってしまっていたことはありませんでしたか?

「あなたのためを思って」と意見を押し付けてくる、心を傷つけてくるような人に出会ってしまった場合どのように対処すればいいのでしょうか?

 

◆言われた言葉を真に受けないこと

 

「あなたのため」と言いながら色々と言ってくる場合、あなた自身が傷つくこともあるでしょう。

そのため言われた言葉全てを真に受けなくていいのです。

言われた言葉があなたの価値を決めるものではありません。

心の中で「あなたは私のことをそう考えているのね」と思いつつも表面上は聞いているようにふるまいましょう。

もし、言い合いになって敵対心を持たれてもあなたがいづらくなってしまうこともあります。

また、相手は「あなたのため」と言ってきているので心の中ではどう思っていても「ありがとうございます」と言ってしまうのもいいかもしれません。

ただし、お礼を言われて口出しされる機会が多くなるようなら控えましょう。

 

◆他人の目や評価を気にしすぎないこと

 

他人の目や評価を気にしすぎてしまうところがあるから「あなたのためを思って」というような理不尽な言葉を受け止めてしまうように思います。

誰かがあなたのことを嫌いだとわかると多くの人があなたのことを嫌っているように感じたことはありませんか?

周りの目を気にしてしまってうまく自分を出すことができないと感じてしまうことはありませんか?

これらを気にしすぎてしまっているため「あなたのためを思って」という言葉を使い、あなたを傷つけるような言葉に傷ついてしまうのです。

 

例え相手に悪意があろうとなかろうとこのような言葉に傷つく必要はありません。

他人からされるあなたの評価はその他人の主観でしかありません。

そのことを忘れないでいてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です