クレジットカードの支払方法|分割払いとリボ払いの違いとは

 

キャッシュレス化か進むにつれてクレジットカードを使う機会が多くなったと思います。

クレジットカードを使えるようになると今あるお金よりも大きい金額の買い物もすることができます。

大きい買い物ができるからといって全てを一括払いで済ませられるのがいいです。

しかし、自分の収入よりも大きい支払いや誰かの建て替えをした場合は一括払いをするのが厳しくなってしまう時もあります。

そんな時に使うことができるのが分割払いやリボ払いです。

しかし、分割払いやリボ払いはどのような仕組みなのか?一括払いをするのと何が違うのか覚えてあなたにあった支払方法ができるようになりましょう!

 

クレジットカードとは

 

クレジットカードとはあなたの信用を元に後日あと払いできるカードのことです。

買い物の支払いをするときにクレジットカードを提示すれば品物を受け取ることができます。

しかし、お金のやり取りはその場ではありません。

締め日と支払日はクレジットカード会社によって異なりますのであなたが使用するクレジットカードの締め日と支払日は確認しましょう。

 

クレジットカード支払方法の種類を確認しよう

 

クレジットカードの支払方法である3種類を紹介します。

◆一括払い

◆分割払い

◆リボ払い

◆ボーナス払い

一括払い以外にも支払方法はあります。

それぞれの支払方法の違いを理解してクレジットカード払いを賢く使って行きましょう!

 

クレジットカード一括払い

 

クレジットカードの支払方法で一番多く使われている支払方法でしょう。

一括払いでは締め日から締め日までに利用した分を支払日に一括で支払います。

1回の支払い分となる締め日から締め日はだいたい1か月の期間となっています。

一括払いにはボーナス一括払いというものもあります。

ボーナス一括払いは約半年分の利用額をまとめて支払うことになります。

一括払い・ボーナス払いの他に2回払いというものがあります。

2回払いと聞くと一括払いではないよ!と思うでしょう。

しかし、なぜここに2回払いを出したのかというと2回払いは一括払いとボーナス払いと同様にクレジットカードの手数料がかからないからです。

 

クレジットカード分割払い

 

クレジットカードにの支払方法として分割払いがあります。

分割払いは一括で払いきれない金額の商品をクレジットカードで複数に分けて支払いできる方法です。

分割払いをすることで毎月の支払は減りますが、ショッピング枠は利用していることになるので毎月の支払額に注意が必要です。

選択できる支払い回数は決められており、手数料は支払い回数や利用金額に応じて決まります。

分割払いは支払回数をこちらで決めることができます。

 

クレジットカードリボ払い

 

リボ払いとはリボルビング払いのことです。

リボ払いは毎月の支払金額を一定にすることができます。

毎月の支払が一定になるので請求金額が大きくて今月はピンチ!ということになる心配はありません。

しかし、その分利子(手数料)がかかります。

毎月の支払い額を少額に設定している場合は支払い回数が長引いてしまい、それに応じて手数料率も上がっていくので注意が必要です。

毎月の支払は安く済みますがその分どんどん支払いが先延ばしになっていて手数料も支払うことになります。

支払いが長引けば長引くほど手数料も支払うこともなるので一括払いや2回払いであれば払う必要のなかった手数料を多く支払うことになります。

クレジットカード支払い方法|まとめ

 

クレジットカードはその場で現金が減らないことがメリットの一つでもあります。

しかし、使い方によっては買い物した金額よりも多く支払うことになります。

分割払いは回数を決めて支払っていくので完済する目途がたちますが、リボ払いはどんどんお買い物をしていくといつまで支払っていけばいいのかわからなくなってしまいそうです。

自分に合った支払方法を見つけてお金の管理をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です