増税後キャッシュレスがおすすめ!お得にポイントゲット!

増税で更に盛り上がるキャッシュレス払い

 

2019年10月1日〜消費税が上がり、10%になりましたね。消費税は値上がり、「買い控えをしよう」という気持ちになりますよね。108円だったものが、110円に。100円で計算すると2円の差ではありますが、値段が高いものほど8%と10%の差は大きくのしかかってきます。

 

例えば、車を買おうとします。

軽自動車でも自分好みにカスタマイズをするとあっという間に200万円になってしまいます。もし200万円の自動車を買うとしたらで消費税が8%と10%の差を計算してみましょう。

 

①消費税が8%の場合

200×1.08=216(消費税16万円)

②消費税が10%の場合

200×1.10=220(消費税20万円)

 

どうでしょうか。消費税分で4万円の差が出ているのがわかります。

もしあなたの手元に4万円あったら今すぐしたいことは何ですか?もしかしたら贅沢に使うかもしれません。あるいは投資に使うかもしれません。貯金にもなります。

自分のため、家族のため、4万円でどれだけのことができるだろうと想像してみるとその重みが実感できるかもしれません。

 

増税に伴ってお給料も増加しているのでしょうか?

最低賃金は上がっても支払っている税金の方が多いかもしれません。昇給はするかもしれませんが、これは増税が原因ではありませんよね?

 

増税することによって基本的に出費が増えると思います。

そんな時に使いこなしたい機能が…

 

キャッシュレス機能です。

 

 

キャッシュレスとは?現金払いをやめてお得に買い物!時間も節約!

 

キャッシュレスという言葉は既に知っている、聞いたことがあるかもしれません。

キャッシュレスとはそのままで現金を使わずに支払いをすることです。

 

キャッシュレスでお会計をしても消費税が低くなることはありませんが、ポイント還元されることで消費税が8%の時と同等に買い物ができるかそれ以上にお得に買い物ができる場合があります。

 

消費税8%の時よりお得に買い物ができるってとても嬉しいことだと思いませんか?

100円でも200円でもお得に買い物できることで、コンビニのおにぎりがポイントで買えたり、日用品もポイントで買えたりできます。

もし、「少しでもお得に買い物をしたい!」という気持ちがあるのなら、この日々の積み重ねが大切になります。

 

経済産業省キャッシュレスについて以下のように説明しています。

 

・現状、「キャッシュレス」については、必ずしも、広範に共通的に認識されている定義があるわけではありませんが、例えば、「キャッシュレス・ビジョン」では、「物理的な現金(紙幣・硬貨)を使用しなくても活動できる状態」を指すこととしています。

・現在、多種多様なキャッシュレス手段が登場しています。例えば、「クレジットカード」、「電子マネー」、「デビットカード」、スマートフォンを使った「QRコード」などの種類があります。タッチ式の決済であればスピーディーな決済、QRコードであればアプリ上で購買履歴が参照できるといったメリットがそれぞれに存在しています。実際にお金を払うタイミングについても、例えば、予めお金を入金して使う、電子マネーに代表される「前払い」、買い物時に口座から引き落とされるデビットカードの「即時払い」、クレジットカードの「後払い」といった類型が存在します。

・このようにキャッシュレス決済手段には多様なものが存在します。消費者自身が自らの消費行動や利用場面(例えば高額決済であれば高いセキュリティが確保されたサインや暗証方式、低額決済であればサイン不要のタッチ式)に応じて使い易い決済手段を使い分けることができます。

経済産業省ホームページより引用

 

 

キャッシュレスの種類

 

キャッシュレスって具体的にどのような種類があるの?と疑問に思いますよね。

上述してあります経済産業省の引用文にもあるようにキャッシュレス大きく分けて4つ種類があります。

ここからはキャッシュレスの種類についてお伝えしていきます。

 

実はキャッシュレスって身近にあるものなので、その存在自体は知っているものが多いと思います。

ただ、「知っているけど…怖くて…」など不安に思うこともありますよね。

こちらを見ればキャッシュレスが身近にあるということがおわかりかと思います。

 

電子マネー/プリペイドカード

画像は経済産業省ホームページから引用

 

電子マネーやプリペイドカード達を見ると、交通系の電子マネーや大手ショッピングモールのプリペイドカードのことだとわかりますね。

専用のカードにまずはチャージで前払いをし、利用していきます。

 

交通系電子マネーにチャージをし、電車賃以外の買い物をしたこともあるのではないでしょうか?

私はコンビニで買い物をする時や、急いでいる時にはよくsuica払いをすることがあります。

小銭を数えて支払いせずにsuicaをピッとかざすだけなので時短にもなり、ついつい使ってしまいます。

 

ショッピングモールのプリペイドカードもそのショッピングモール内でプリペイドカード払いをするとポイント○倍!というキャンペーンも行っています。

よく行くショッピングモールがある場合はショッピングモールのプリペイドカードを持っているとお得に買い物ができますね。

 

これらはカードタイプのみではなくスマートフォンでも決済できるタイプもあります。

 

suicaは今までチャージし買い物をしてもただ金額が引かれるだけでした。

しかし、suicaもWEB登録し、対象のお店で買い物をするとポイントがつくようになりました。

以前からsuicaにポイントがついたら嬉しいなと思っていたので、今回suicaでポイントが貯められるようになってとても驚きました。

 

QRコード

画像は経済産業省ホームページから引用

 

名前に【pay】がついているものが多いですね。

paypayについては2018年の10月に還元祭りをしており、たびたびニュースになっていたことは記憶に新しいかもしれません。

銀行やクレジットカードに紐つけをし、支払を済ませることができます。

 

メルペイは銀行口座と紐つけてもメルカリの売上金からメルペイ残高に移すことができるので、メルカリでよく出品をするのであれば登録しておくと便利でしょう。

 

クレジットカード

画像は経済産業省ホームページから引用

 

クレジットカードは多くの会社や銀行で取り扱っており、どのカードを使えばいいのか迷ってしまうほどだと思います。

クレジットカード後払い方式です。

決済をしたからといってすぐに口座から引き落とされるわけではありません。そこがクレジットカードのいい所でもあり、怖いところでもあると思います。

クレジットカードでの支払いであれば高額な支払いの対応も可能ですし、一括払いや分割払いを選ぶことが出来ます。

 

ポイント重視、マイルを貯めたい、ATM手数料がかからないなど特典がどのクレジットカードを作るかによって変わります。

一見お得そうに見えてもあなたの生活の中で活躍できなければその特典も意味がないので、自分のライフスタイルと相談してどこのクレジットカードを使うべきなのか考えられるといいですね。

 

デビットカード

 

デビットカードはクレジットカードと異なり、支払い時に提示すると口座から即時に引き落とされます。クレジットカードで支払いが後日になるのが気になるようであればデビットカードを検討するのもいいでしょう。

デビットカードはクレジットカードのようにオンライン上でも決済することもできます。

クレジットカードのようにカードを作る時に行う審査が不要です。

 

デビットカードは基本的に銀行が発行しており、発行元の銀行口座との紐づけになります。つまり、デビットカードと紐づけできる口座は発行した銀行口座のみということになります。

クレジットカードは18歳以上でないと作れませんがデビットカードは原則15歳以上で作ることが出来るので学生でも使えるキャッシュレス機能の1つになります。

 

キャッシュレス還元だけではなく、使った金額に対してクレジットカードは還元されるものもあると思いますが、その還元率がデビットカードはクレジットカードより低いと言われています。

 

現在行われているキャッシュレス・消費者(ポイント)還元事業いつまでお得?

キャッシュレス・ポイント還元事業(キャッシュレス・消費者還元事業)

 

消費税が10%に増加した2019年10月1日~2020年6月6日までの期間限定ではありますが、対象の店舗でキャッシュレス決済を行うと最大5%還元されるんです。

 

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、

需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や

消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、

中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。

キャッシュレス・ポイント還元事業ホームページより引用

 

ポイントが還元されることがわかり、5%還元されれば消費税が8%の時よりお得に買い物ができるだろうというイメージがわくかと思います。

でも、どこが対象店舗なの?いつも買い物しているあのお店はポイント還元されるの?と疑問になりますよね。

 

目印となるマークがあるので買い物に行った時はこのマークがあるかどうかに注目してみましょう。

買い物に行った時ではなく、事前に調べてポイント還元されるお店で買い物をしたいという気持ちもありますよね。そんな時のために事前に調べられる方法もあります。

 

 

ホームページやアプリで検索できるんです。

アプリをスマートフォンにダウンロードしておけば出かけ先でも家の中でもいつでも気になったときにポイント還元できるお店を探すことができますね。とても便利です。。。

 

画像はキャッシュレス・消費者還元事業から引用

独自にポイント還元をしている企業もある!

 

上記の説明にあるようにキャッシュレス・消費者還元事業は中小・小規模事業者での支払いを対象としています。

 

それに加えて2019年10月5日ではpaypayが1周年記念ということで支払いの20%還元キャンペーンを行っていました。

更に、消費者還元事業で5%還元される時の支払いにpaypayを使うとpaypayから5%還元されるというようなキャンペーンも行われています。

 

 

10%還元されたら消費税分が浮いてしまいますね。

 

さらにJREポイント5.5%還元される場合もありましたよ。(実際に私が買い物をして還元されていました)

今後もpaypayだけではなく楽天payやLIMEpayなどで期間限定キャンペーンを打ち出してくるかもしれません。

消費者還元事業に加え、企業がどのようなキャンペーンを行ってくるかも今後の楽しみになりそうです♡

低年収である私(女)がキャッシュレス決済でポイント還元を推薦!まとめ

2020年6月まであと8ヶ月です。

消費者還元事業や企業独自によるキャンペーンのお陰でこの8ヶ月の間でキャッシュレス化はかなり進むと予測します。

現に私も最近ポイントをクレジットカードで貯めたいがためにクレジットカードで支払いをするようになり、コンビニではsuicaを使い、最近paypayやメルペイも使うようになったため現金を使う機会が減りました。

このままキャッシュレス化がどんどん普及していったら現金を持ち歩く必要がなくなりますね。

女性の間では小さいバッグが流行っているのでキャッシュレス決済できるスマートフォンやカードで支払いが済むようになれば、荷物も減ってかばんの中がすっきりするかもしれません。

 

現金払いでももちろんポイントが全く貯まらないわけではありません。

Tポイントカードは支払い時に提出すればポイントが貯まりますし。

しかし「ポイントをもっと有効活用したい」「使い方によってはポイントたくさん貯まるかも」という気持ちが少しでもあるのなら、この機会に2020年6月までの間は積極的にキャッシュレスで決済しポイント還元を受けてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です