みかんの皮を乾燥させた陳皮(ちんぴ)の効果効能

みかんの皮を乾燥させた陳皮とは

 

陳皮(ちんぴ)という言葉はあまり馴染みないかもしれません。

私も漢方や薬膳の勉強をして初めて聞いた言葉でした。

陳皮とは、みかんの皮を乾燥させた生薬の一種で、中国では熟したみかん科のオレンジを干したものが利用され、漢方薬の原料として用いられてきました。

みかんの皮を陰干しにして一年以上経過したものを、中国では生薬として使用します。

細かく切ったり粉状にしたりして使います。

中国で陳皮はお茶や生薬の一種として古くから活用されてきています。

日本でも陳皮は漢方のひとつとして活用されているほか、七味唐辛子の中に入っているなど多用されています。

 

薬膳的視点から見た陳皮

 

【五味】苦、辛

【五性】温

【帰経】脾、肺

 

陳皮の効果効能栄養|みかんの皮を食べてみる

血行を改善し体を温めて冷え性改善の効果

 

陳皮には、血流を改善する効果があります。

血流は毛細血管などが縮むことで悪くなります。

血液は酸素や栄養だけでなく温度を運ぶ役割も担っているため、末梢まで血液が運ばれなくなることで身体の冷えが生じます。

陳皮にはリモネンやヘスペリジンが含まれているため、毛細血管強くし広げ、血液が流れやすくなるように働きかけます。

そのため温度が末梢血管まで運ばれ、体を温める効果があるといえます。

また、毛細血管が強く健康になると浮腫みの予防にも繋がります。

 

美肌効果

 

陳皮は、紫外線によって皮膚コラーゲンが分解されることを抑制する働きが知られています。

また、陳皮に含まれるヘスペリジンにはコラーゲン合成促進効果も報告されており、肌の健康を保つ効果が期待されています。

 

リラックス効果

 

陳皮に含まれるリモネンなどの香り成分はリラックス効果があります。

これはみかんの皮を乾燥させた陳皮にも含まれており、その効果や効能は生のものより高いとされています。

香りは大脳に直接働きかけるため、脳をすっきりさせ、ストレスをやわらげるなどのリラックス効果をもたらします。

例えば陳皮をお湯に入れれば溶けだした陳皮からリモネンの柑橘系の香りが漂ってきます。

 

アレルギー症状を緩和する効果

 

陳皮には抗炎症作用があり、花粉症をはじめとする種々のアレルギー症状に対する予防効果を持つことが報告されています。

花粉症などのアレルギー症状は、体内のマスト細胞(肥満細胞)の過剰反応により引き起こされます。

陳皮に含まれるヘスペリジンは、マスト細胞に働きかけることで炎症などが抑えられ、アレルギー症状の緩和につながるとされています。

 

胃腸の機能を高める効果

 

陳皮には、胃腸の調子を整え、食欲不振や吐き気、消化不良などを鎮めてくれる働きがあります。

そのため、陳皮には胃腸の調子を整えることにより、消化不良・吐き気・胃酸過多・下痢などといった消化器官の不調を抑制する効果が期待できます。

そのような作用から、医薬品としても使われることがあります。

 

咳や痰を抑制する効果

 

陳皮はせきを鎮め、痰を抑える効果があります。

そのため、せきや痰などを抑える漢方薬として古くより利用されてきました。

また、陳皮にはビタミンCも含まれているので、体の免疫力を高め風邪などの予防にも効果があると考えられています。

 

自宅で簡単!みかんの皮を使って陳皮を作ってみる

 

陳皮は、みかんの皮を乾燥させたものなので自宅でも簡単に作ることができます。

ざっくり言うと果実を食べ終わったみかんの皮を粗く刻みザルに広げ、陰干しで干して完成です。

簡単すぎて拍子抜けしてしまいそうです。

 

<陳皮の作り方手順>

1、みかん(温州みかん又はマンダリンオレンジの成熟した果皮)の皮のワックスや農薬を落とします。農薬はみかんのおへそにたまりやすいので、その部分はカットし、水で洗い流します。農薬が気になるのなら数時間ひたして落とすのもいいでしょう。本来は無農薬のオーガニックみかんを使用することをおすすめします。オーガニックみかんの皮でも気になるのなら熱湯で軽く殺菌するのもいいでしょう。

2、洗ったみかんの皮の水気をよく拭き取ります。

3、風通しの良いところで干します。

4、みかんの皮がカリカリになったら陳皮の完成です。

 

陳皮は細かく刻んでも粉状にしてもいいでしょう。

用途ごとに使い分けることもできます。

みかんの皮はカビてしまうこともあるので陳皮にする前にはカビが生えないように気をつけましょう。

 

みかんの皮陳皮の使い方・レシピ

 

陳皮はみかんの皮なので柑橘系のいい香りがします。

その特徴を活かして使うことができます。

 

陳(みかんの皮)をお風呂に入れる

 

大きければそのまま入れてもいいですし、細かく刻んであればネットなどに入れて排水溝に流れないように気をつけましょう。

 

陳皮(みかんの皮)を紅茶に入れる

 

紅茶に入れることでみかんの柑橘系の香りを楽しむことができます。

 

陳皮(みかんの皮)をお菓子やパンに混ぜる

 

手作りでお菓子やパンを作る時に陳皮を使ってみてもいいでしょう。

 

陳皮(みかんの皮)をお味噌汁やなべ料理に入れる

 

みかんの香りはそこまで主張が強くないのでお味噌汁やなべ料理入れてもいいそう。この場合は陳皮が粉末になっていると使いやすそうです。

 

 

 

 

このように見てみると使い方次第でどのような料理にも入れられる気がしますね。

柚子を料理に使うことがあるかと思いますが、そのような感覚で陳皮を使ってみるとレパートリーが広がります。

みかんの皮の有効活用

 

みかんの皮を乾燥させた陳皮を紹介してきました。

陳皮は漢方として古来から使われていたり現在の漢方にも使われているので体の中から健康になったり美しくなったりするには効果的でしょう。

みかんの皮であれば抵抗なく取り入れられそうですね。

冬にみかんを食べる機会があるかと思います。

その時はぜひ陳皮を作って活用してみましょう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です