JCBギフトカード(商品券)を安く購入する方法|お祝いやお返し、プレゼントにも使えておすすめ

 

徐々に歳を重ねていくと、結婚祝いや出産祝い、そのお返しやプレゼントを渡す機会が増えてくると思います。

現金を渡すのは気が引ける、何か商品券を渡したいという時に『JCBのギフトカード』をおすすめします。

こちらの記事でカタログギフトと商品券の比較をしています。

 

リンク

 

お祝いやお返しで何を渡せば相手が喜ぶのか考えていきましょう。

 

お祝いやお返し、プレゼントに『JCBギフトカード』をおすすめする理由

 

『JCBギフトカード』というものを知っていますか?

 

『JCBギフトカード』と聞いてピンとこなくても、もしかするとこの商品券は見たことがあるかもしれません。

 

画像

 

プレゼントに『JCBギフトカード』をおすすめする理由

 

◆利用できるお店が多い

買い物・食事・宿泊など、さまざまなシーンで使える便利な商品券です。

さまざまなシーンで使えるといっても具体的にJCBギフトカードを使える店舗がわからないと、利用できるお店が多いのか実感できませんよね。

 

・百貨店、大型店

イオン、伊勢丹、西武、そごう、東急ハンズ、パルコ、丸井、三越など

・スーパー

イトーヨーカ堂、西友、マルエツなど

・家具、家電、ホームセンター

ケーズデンキ、小島、島忠、ビバホーム、ビックカメラ、ヤマダ電機など

・時計、宝飾、眼鏡、カメラ

カメラのキタムラ、ジュエリーツツミ、ドン・キホーテ、ミキモト、眼鏡市場、ヨドバシカメラなど

・専門店

AOKI、ウエルシア薬局、HMV、紀伊國屋書店、トイザらス、プラダ、ユニクロなど

・飲食店

藍屋、木曽路、デニーズ、ロイヤルホストなど

・その他

京王プラザホテルチェーン、シダックス、日本旅行、プリンスホテルなど

 

こちらから対象店舗をさらに見ることができます。

一部の店舗・売場では利用できない場合があるそうです。

詳しくは店頭で『JCBギフトカード』を使えるのか確認するのがよさそうです。

 

 

◆商品券の使い道を相手が選べる

『JCBギフトカード』が使える店舗がたくさんあることを実感してもらえたかと思います。

このように多くの対象店舗がある中でもさらに何に『JCBギフトカード』を使うのかを決めることができます。

例えば、、、

デニーズで食事をしようとします。

デニーズでパスタを注文した時のみ『JCBギフトカード』を使うことができる。

なんてことはありませんよね。

デニーズの商品であればどのようなものを注文してもお会計で『JCBギフトカード』を使うことができると思います。

このように、『JCBギフトカード』は使うことができる対象店舗が多いだけではなく、対象店舗で何に使いたいのかピンポイントで決めることができます。

 

 

 

◆お札のように持ち歩くことができる

お札のように持ち歩くことができるのは『JCBギフトカード』に限った話ではなく、商品券全般に言えますね。

また、クオカードや図書カードもカードサイズで持ち運びしやすいです。

お祝いやお返し、プレゼントで何か物を渡すとき、どのような場面で渡すのかにもよりますが『JCBギフトカード』であれば渡した後も相手の荷物にならずに済みます。

 

JCBギフトカードの買い方

 

JCBギフトカードはどこでも買えるわけではありません。

また、少しでも安く購入できる方法もあります。

お返しとはいえ、少しでも安く購入できるのであれば嬉しいですよね。

JCBギフトカードは1,000円と5,000円の2種類あります。

 

JCBギフトカードの購入方法

 

JCBギフトカードの購入方法はインターネットとJCBギフトカードを販売している店舗で購入する2つの方法があります。

 

<インターネットで購入する場合>

インターネットでJCBギフトカードを購入すると配達でJCBギフトカードが届きます。

配達先によって最短1日で届く地域と最短2日で届く地域があり、地域によってお届け日か異なるので注意しましょう。

インターネットでJCBギフトカードを注文した場合、支払い方法はJCBカードまたは、現金(銀行振込)の2つの方法があります。

どちらの支払い方法を選択するかによっても発送日は異なってくるので、もし急ぎでJCBギフトカードが必要な場合は余裕を持って購入しましょう。

インターネットで購入し、配達される場合は送料が発生してきます。

年末やお祝い事が多い春には送料無料キャンペーンも行っています。

 

<店舗で購入する>

JCBギフトカードは実店舗で購入することができます。

実店舗といっても全国にあるので、近くに店舗があるかどうかぜひ調べてみてください。

検索はこちらからできます。

 

JCBギフトカードをお得に購入する方法

 

JCBギフトカードは定価販売です。

そのため、10,000円分のJCBギフトカードを購入する場合は10,000円の支払いが必要になります。

駅前やショッピングモールなどの金券ショップでもJCBギフトカードは売っています。

定価1000円のJCBギフトカードなら、10円引きの990円で売られていることが多いので、割引率1%くらいです。

1%くらいであれば、わざわざ金券ショップに行く時間のほうが無駄だと感じるかもしれません。

JCBギフトカードの購入は、クレジットカード払いが可能なお店があります。

 

デパートなどJCBギフト券を新品で買う場合は、カード払いが可能でもJCBカードのみです。

クレジットカードで購入すれば買い物額に応じたポイントは還元されるでしょう。

クレジットカードで購入できない場合もあるので支払いの時に確認しましょう。

フリマアプリで検索してみたら出てくる可能性もあります。

この場合はギフトカードで持っているよりも早く現金が欲しい人が出品しているのでしょう。

フリマアプリの場合、手元に届くまでの紛失や届いたギフトカードが偽物だったという場合もあるので注意して利用しましょう。

楽天やYahoo!のネットショッピングモールでJCBギフトカードを購入できるのなら、ポイントを使うことができるのでおすすめです。

ただ、送料がかかってしまうことがあります。

 

まとめ

 

『JCBギフトカード』の魅力について知ってもらえたかと思います。

いくつあっても使い道がないカップや好みではない物をもらったらあなたはどうですか?

一生懸命選んでも使い道がないと悲しいでしょう。

ギフトカードのような商品券は使い道や使い方がたくさんあるので

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です