黒酢効果効能|米酢と穀物酢との違いは?

黒酢とは?米酢、穀物酢との違いも!

 

黒酢は玄米または大麦を原材料としてじっくりと長い時間をかけて(1年~3年)発酵・熟成をさせたものです。

発酵の際には大きい黒い陶器を用いているのをよく見かけませんか

近年では熟成期間が3ヶ月程度で黒酢として販売することもあるそうですが、正式な黒酢ではないそうです。

 

米酢や穀物酢と黒酢の違い

 

米酢や穀物酢と黒酢の違いは色です。

米酢は半透明でやや黄みがかった色をしていますが、黒酢は黒褐色で醤油に近い様な色をしていますよね。

また、米酢は精米を主な原料としていますが、黒酢は玄米や大麦を原料として醸造されています。

見た目だけでなく、使われている原料も違います。

味に関しても米酢は酸味が強いので、黒酢に比べて「すっぱい」と感じます。

一方、黒酢は米酢と比較して酸味よりもまろやかな風味と香りが特徴的です。

飲用としても黒酢の方が飲みやすく一般的で、店頭でも黒酢飲料を多く見かけます。

また、栄養面でも黒酢と米酢には違いがあります。

長期熟成された黒酢は、米酢よりもアミノ酸が多く含まれていて健康維持効果もさらに期待されます。

その高い健康効果が今注目されていて、様々な商品が発売されています。

 

穀物酢

 

酢の効果を最も手軽に取り入れられるので、たくさん使うときに便利です。

最も一般的でリーズナブルな穀物酢。

大麦や小麦、米、トウモロコシなどが原料で、軽くてさっぱりとした酸味。

果実酢を作るときなど大量に使う際や加熱調理向いています。

 

米酢

 

米酢は美容に欠かせない成分も含まれており、穏やかな酸味が特徴です。

原料は精米したお米です。

米のみで作られたものは純米酢といいます。

穀物酢と比べて、アミノ酸がやや多く、ビタミン、ミネラルなども含みます。酸味がまろやかなので、酢飯に最適です。

 

黒酢

 

黒酢はサプリメントにもなり、免疫力をUPさせてガン予防にも効果が期待できます。

黒酢の原料は主に玄米です。

アミノ酸が豊富でうま味が強く、香りも深くて独特。ラットを使った実験では、黒酢のエキスが、ガン細胞の増殖を抑制することがわかったそうです。

 

漢方・薬膳的観点からの黒酢

 

【五味】酸、苦

【五性】温

【帰経】肝、脾

 

黒酢の効果効能

 

米酢、穀物酢、黒酢の違いは分かったかと思います。

では、黒酢にはどのような効果効能があるのかを見ていきましょう。

 

黒酢で血液サラサラの効果

 

お酢の血液サラサラ効果に加え、黒酢に豊富に含まれるアミノ酸には体内に流れる血をサラサラにしてくれる効果があります。

ドロドロ血液の血流改善が行われることで高血圧や動脈硬化などの生活習慣病を予防することができます。

また、黒酢に含まれるリジン・ロイシン・メチオニンは、コレステロールや中性脂肪が血管内にたまるのを防いでくれます。

 

黒酢で疲労回復の効果

 

アミノ酸(ロイシン・イソロイシン・バリン)が黒酢には含まれていて運動後の疲労回復などに役立ちます。

持久力のアップにも効果があるとされていて、運動前に黒酢を飲むことも有効だそうです。

さらに、黒酢に含まれているクエン酸やポリフェノールは筋肉痛を和らげ、疲労を取り除いてくれるとも言われています。

 

黒酢で美肌・美容の効果

 

黒酢に含まれるグリシンというアミノ酸の成分が皮膚を守る免疫機能を改善する働きがあることが近年の研究で分かったそうです。

この皮膚を免疫機能は肌の水分を保ち外部の刺激から肌を守る大切な働きをしてくれます。

さらに黒酢にはアスパラギン酸、チロシン、セリンという成分が含まれていて、これらは新しい肌細胞の誕生に不可欠な成分となっています。

黒酢にはお肌を若々しく保つには欠かせない成分がたっぷり含まれています。

 

黒酢の老化防止・アンチエイジング効果

 

黒酢に含まれるメラノイジンという成分には強力な抗酸化作用があります。

抗酸化作用とは老化の原因となる身体の酸化を防ぐ作用のことを言うため老化防止やアンチエイジングの効果が期待できます。

お酢にはもともと抗酸化作用があるとされていますが、黒酢は特にこの抗酸化作用が強く、効果も高いとされています。

抗酸化作用によって老化現象が予防、改善されるそうです。

最近少し老いを感じてきたなと思った時や日頃の予防として黒酢は大変おすすめです。

 

冷え性改善

 

黒酢に含まれるアミノ酸によって固くなった赤血球をを柔らかくする効果があります。

赤血球が柔らかくなると手足の末端まで血液が流れ冷え性の改善に効果が発揮されます。

元々黒酢には代謝をあげて血流をよくする効果があるので、自然と冷え性の改善にもつながるんですね。

 

便秘解消

 

黒酢は大腸の働きを活発にし、便秘予防・改善の効果があります。

薬で無理やり便秘を治すのではなく、自然に身体の活動を高めて治すので負担も少なく、また副作用も無いので安心・安全に体質改善を行うことができます。

また同時に腸内環境も整えてくれるので、体内から綺麗になることができます。

消化液の分泌を促して腸を刺激し、蠕動運動を活発にして便秘を解消してくれます。肌の新陳代謝も高まるし、また酢酸がビタミンCの破壊を抑えるので、美白にも効果的なんです!

 

血圧の降下作用

 

外食が多くなってしまう、日々の食生活に気を付けていない、そのような時が続くと高血圧予備軍になってしまうとも言われています。

酢は血圧上昇に関わるホルモン調節機構、レニン・アンジオテンシン系を抑制するので日頃から摂取しておくのもいいでしょう。

 

黒酢の使い方、飲み方、摂り方、レシピ

 

黒酢を選ぶときは人工的な工程や添加物のないものを選ぶといいです。

黒酢の摂取量は1日あたり15~30mlとされています。

どのような食品もそうですが、極端な摂りすぎというのはよくないですよね。

 

・割って飲む

大さじ1~2杯程度の黒酢を水・お湯・炭酸水などで割って飲みます。

10~20倍程度に薄まるとよさそうです。

味の薄さはお好みで。

味気がなく飲みづらいと感じるようであればはちみつやレモン汁を加えて味を調えてもいいでしょう。

注意したい点として、黒酢をこのようにして飲むときは空腹を避けましょう。

継続的に取り入れやすい環境を作った上で、自分に合っているかをゆっくり見極めていくのが良いでしょう。

これは1回で全て飲む必要はありません。

胃腸に負担がかかってしまうため、むしろ複数回に分けて飲んだ方がいいそうです。

 

・サプリ

黒酢には美容や健康に嬉しいさまざまな効果がありますが、適量を守って摂取するのが大切です。

黒酢を摂取するには薄めて飲んだり料理に混ぜたりといろいろな方法があり、自分に合った方法を見つけることが続けるコツでしょう。

毎日黒酢を割って飲むのが面倒、黒酢の味がどうしても苦手、このような人はサプリで摂る方法もあります。

サプリは黒酢の成分をカプセルに閉じ込めているため、黒酢の味を感じずに飲むことができます。

また、寝る前に黒酢を飲むことによって歯にダメージを与えるリスクがありますが、サプリではその心配がありません。

サプリだと手間なく飲むことができるのが嬉しいです。

黒酢を直接飲むのが難しいようであればサプリで摂取する方法もあります。

 

まとめ

 

黒酢は食品なので効果に即効性は期待できません。

今までの食生活で作られてきたあなたの体が1杯の黒酢で即効変わる方が怪しいと思いませんか?

しかし、継続して摂取することがあなた自身の身体を改善していくきっかけになります。

あなたにとって継続できる方法で摂取していくことが大切です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です