目標を達成する方法、達成するために必要なこと、達成する人の特徴|挫折を乗り越える

 

人生の中で目標を達成したいと強く思う時があります。

例えば、受験・スポーツ・就職など達成したい目標はその人によって異なります。

目標を掲げて一生懸命取り組んだからと言って全て達成できるとは限りません。

そのため、どのような行動をすれば目標達成しやすくなるのかが大切になってくると思います。

お米を作ろうとして一生懸命野菜の育て方を勉強しても遠回りになってしまいます。

周りを見てみると目標達成している人がいるのではないでしょうか?

逆になかなか達成できない人もいると思います。

では、目標を達成しやすい人としにくい人はどのようなところに差があるのか?

目標を達成しやすい人は目標を達成するためのポイントを知っていて、意識的もしくは無意識的に日々行動しているのかもしれません。

この記事では目標を達成するために知っておきたいポイントを解説していきます。

ポイントをよく理解し行動していくことで目標達成しやすくなるかもしれません。

 

目標を達成しやすくなるポイント3選

 

目標を立てるということは何か達成したいことがあるからだと思います。

達成しない自分でいるよりも達成できる自分でいたいと思うのではないでしょうか?

どのようなことに気をつければ目標を達成しやすくなるのか確認しましょう。

 

<目標を達成しやすくなるポイント>

◆目標を明確にする

◆最終的な目標の他に途中経過の目標も設定する

◆目標を達成するための行動を継続し、行動を振り返る

 

◆目標を明確にする

まずは、目標を明確にしましょう。

目標を明確にするとはどのようなことを達成したいのか具体的にするということでもあります。

例えば「有名になる」これを目標にするとします。

しかし、「有名」だけでは目標として曖昧です。

目標を明確化してみると、、、

「お笑い芸人になり、レギュラー番組を10本持つ」

このような感じになります。

「有名になる」この文と比べるとどのように有名になるのかビジョンで見えてきます。

たどり着く着地点をハッキリさせておかないと目指して行く場所がわからなくなってしまいます。

車で道をただ走っているだけでは生きたい場所へ到着しません。

ましてや初めて通る道はそうです。

到着できるためにカーナビで目的地を入力すると思います。

そのイメージで目標を具体的に設定していきましょう。

また、明確な目標以外にもなぜその目標を達成したいのかその理由を明確にすることも大切です。

車でショッピングモールに向かっているのは何故ですか?

欲しいものや必要なものがあるから、あなたが楽しみたいからと理由は様々かもしれません。

しかし、理由もなくショッピングモールに向かっても特にすることがなく、ただ時間が経過してしまうことになります。

そのため目標を達成したい理由も明確にしておく必要があります。

 

 

◆最終的な目標の他に途中経過の目標も設定する

先ほどは最終的な目標を明確に設定しようとお伝えしました。

車で走りながら目的地に行くまで道があっているかどうか目印にするものがあるかと思います。

それはコンビニだったりお花屋さんだったり特徴的なものでしょう。

目標を達成するためにも順調に目的地に向っているという目印が必要になります。

例えば受験で〇〇大学に合格することを目標にしたとします。

受験日は2月なのでその前の秋の模擬試験でB判定があれば合格できそうなど途中経過の目標を決めていくと思います。

このように、途中経過の目標を決め実行していくことで進みながら最終目標への道を軌道修正していくことができます。

目標をどのレベルで設定するのかが難しいでしょう。

目標を高くしすぎて達成できない時が続くと最終目標も達成できないのではないか?と不信感が生まれてしまい、目標に対する意欲が低下してしまうかもしれません。

逆に目標を低く設定しすぎてしまうと1つ1つのハードルが低いため最終目標を達成するまでの力がなかなかつかないことになります。

そのため、途中経過の目標設定は非常に大切になります。

目標を達成する手段として適切なのは、辛い行動を続けることではなくいかに達成できそうな行動に落とし込むかになります。

適切な目標を設定し、行動するだけで達成できる状態を作り出すことが重要です。

 

 

◆目標を達成するための行動を継続し、行動を振り返る

途中経過の目標が設定できたら、途中経過の目標や最終目標を達成するためにはどのような行動が必要なのか考え、行動していく必要があります。

行動したからと言ってすぐに目標が達成できるわけではありません。

目標が達成できなくてもすぐに諦めず、途中経過目標の見直しや今まで行てきた行動の見直しが必要になります。

また、なかなか目標を達成できない・行動が継続できない時は、「目標設定が適切ではない」もしくは「何か障害がある」場合があるので、行動を振り返りましょう。

行動を振り返るために振り返るタイミングを設定するのもいいかもしれません。

1週間に1度、2週間に1度など振り返る日を設けることでその都度計画の軌道修正をすることができます。

振り返りを行う時に注意したい点があります。

それは、あなたが設定した目標や行動に対して「できなかったこと」ばかりを見つめてしまうことです。

できなかったことを反省し、次の行動に活かしていくことは素晴らしいことです。

しかし、できなかったことばかりに焦点をあて「自分はできないんだ」と落ち込むことはありません。

できなかった→できるようになるにはどうすればいいのか?

落ち込んだりネガティブになるのではなくこのように考えてみましょう。

また「できなかったこと」を見つけてしまいがちですが、それと同じくらい「できたこと」も見つけるようにしていきましょう。

いずれにせよ、「できたこと」「できなかったこと」をしっかりと客観的に見つめる必要があります。

 

目標を達成するために注意したいこと

 

◆曖昧な計画を立てる

計画を立てずに進んでいくことや曖昧な計画を立てることはやめましょう。

先述しているように目標は具体的に設定した方が目標を達成するための行動計画を立てやすいからです。

 

 

◆大きすぎる目標を立てる

大きすぎる目標を立てると「できない」経験が重なってしまいモチベーションを保つことが難しくなってしまいます。

また、目標をたくさん設定しすぎるのも控えましょう。

やるべきことが多くなりすぎて優先順位をつけてこなしていくのが難しくなります。

 

 

◆自分一人で全てやろうとする

目標を設定し行動していくのはあなた自身です。

しかしその目標を応援してくれる人がいることやアドバイス・助言をしてくれる人もいます。

あなた1人だけの力ではありません。

もし助けてくれる人がいるのであれば助けてもらってもいいですし、うまくいかないときは成功者からの話を聞いてみてもいいでしょう。

 

目標を達成しやすい人の特徴3選

 

目標を達成しやすい人の特徴を知り、真似することで目標達成しやすい人に近づきましょう。

 

◆他己責任ではなく自己責任で物事を考える

目標達成しやすい人は自己責任で物事を考えます。

自己責任で物事を考えるとはどのようなことなのでしょうか?

例えば、、、

レストランでオーダーした食事が美味しくなかったとします。

美味しくない料理を提供したレストランやシェフを責めたくなりますが、その料理を選んだのは自分だと物事を捉えることです。

これはレストランやシェフの代わりに自分を責めているというわけではありません。

ただ、物事の考え方としてレストランやシェフに怒りを向けることではないということです。

美味しくない料理を選んでしまったのは自分、それ以外の何物でもありません。

 

 

◆ストレスに強い

目標達成しやすい人はストレスに強いです。

ストレスを感じないというわけではありませんが、ストレスがあることによって乗り越えていこうと力が強く発揮されます。

また、ストレスよりも自分の目標を達成することに集中しているため必要以上にストレスを感じることがありません。

 

 

◆継続して行動できる

目標を達成しやすい人は目標に向かって行動し続けることができます。

行動もむやみやたらにするのではなく、最終的な目標や途中経過の目標を達成するための行動である必要があります。

目標を達成するためにはどのようにすればいいか?を考えて行動を変化させ続けていける人は目標を達成しやすいでしょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

頭ではわかっていても実際にやってみるとできていないことが多かったのではないかと思います。

ですが、このことを自覚し目標を具体的に設定していくことで達成するためにはどのような行動をすればいいのか明確になるため目標が達成しやすくなります。

これらができるようになるためには、自分自身と向き合っていく必要があります。

目標を達成しやすい人を目指していきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です