結婚祝いなどのお返しにはカタログギフトか商品券どちらがおすすめ?

 

結婚や出産祝いに親戚からお祝い金をいただくことがありますよね。

いただいた時にお返しはどうしようか悩みませんか?

私も結婚した時は親戚からお祝い金をいただき、お返しをどうしようか迷いました。

親からは「カタログギフト」をお返しにすればいいとアドバイスをもらいました。

しかし、私は親戚に商品券をお返しとして渡すことにしました。

お返しとして使った金額や商品券のメリット・デメリットをお伝えしていきます。

 

カタログギフトのメリット・デメリット|お祝いのお返し

 

結婚式に参加するとカタログギフトをもらう機会があると思います。

カタログを見るとその時々にもよりますが、欲しいものがなかなかない印象です。

そんなカタログギフトのメリット・デメリットを挙げていきます。

 

カタログギフトをお祝い返しにするメリット

 

カタログギフトをお祝い返しにするメリットとして2点考えられます。

◆値段が不透明

◆選びたいものが選べる

 

◆値段が不透明

まず1つめはギフトの値段が不透明という点です。

カタログギフトにとても詳しい人や載っている商品を調べない限り、カタログに載っている商品の値段は相手にはわかりません。

相場を想像することは可能ですが、お返しの値段がはっきりとわからないということからお互い気を使わなくて済みます。

 

◆選びたいものが選べる

次に2つめはカタログをもらった側が選びたい商品を選べる点です。

ギフトの種類が豊富で個性的な商品やオリジナル商品を含むカタログもあるため楽しんで商品を選ぶことができます。

カタログギフトでお祝い返しをすれば、好みに合わないものを贈られて困ることや、すでに揃っていて必要のないものを贈られて品物が重なることがありません。

特に欲しいものがなくてもカタログの中から選んでくれるでしょう。

 

プレゼントなどで何かを渡すときとても迷うと思います。

どれだけ相手のことを考えても正解はわかりません。

自分がいいと思ったからと言って相手も喜んでくれるとは限りません。

 

カタログギフトをお祝い返しにするデメリット

 

カタログギフトをお祝い返しにするデメリットも確認しましょう。

メリット・デメリットを確認した上でどのようなお祝い返しすればいいのか考察するのがおすすめです。

カタログギフトを送るデメリットは3点挙げることができます。

 

 

◆カタログの中に欲しいものがない

カタログギフトの内容によっては特に欲しいものがないと感じてしまうことがあります。

私自身結婚式の引き出物でカタログギフトをもらった時に、欲しい商品がなかなか見つからずギフトの注文をせずに終わってしまったことがあります。

 

◆商品を選択後注文する

カタログを見て、どのギフトにするのか決めた後は、郵送で注文します。

私はその注文することが煩わしく感じてしまいます。

そのためカタログギフトは個人的には魅力的に感じないのです。

 

◆ギフトの値段とお返しの値段が見合っていない

お返しに送るカタログギフトの値段は10,000~15,000円だとします。

しかし、その本の中に載っているサービスは10,000~15,000円以下ではないでしょうか?

このように考えるとカタログギフトはお返しとして渡す気になれませんでした。

 

商品券のメリット・デメリット|お祝いのお返し

 

カタログギフトのメリット・デメリットを見てきました。

ここではお祝いのお返しとして商品券を渡すことのメリットやデメリットを見ていきましょう。

 

商品券をお祝い返しにするメリット

 

商品券をお祝い返しにするメリットも考えてみましょう。

実際にあなたはどのような物がお祝い返しとしてもらったら嬉しいでしょうか。

商品券をお祝い返しにするメリットは3点あります。

 

◆使い道に融通が効く

商品券は物にもよりますがJCBなどであれば対象店舗が多く、使い道も様々です。

欲しかったものを購入するチャンスにもなります。

カタログよりもお返しをもらった人の希望に沿った使い道ができるでしょう。

 

◆分けて使うことができる

カタログは何か1つを注文してしまえば終わりですが、商品券の場合一気に使うことも分けて使うこともできます。

これはもらった相手次第ですね。

相手の裁量でどのように商品券を使うのか自由に選ぶことができます。

 

◆薄い、軽い

商品券なので軽くて薄くて持ち運びしやすいです。

そのため直接お渡しする場合は便利です。

郵送する時も薄く軽くて送りやすいですよね。

 

商品券をお祝い返しにするデメリット

 

お祝いのお返しを商品券にするメリットをお伝えしてきましたが、デメリットももちろんあります。

デメリットとして考えられることは2点あります。

 

◆お返しの金額が伝わってしまう

日本人は体裁をかなり気にしてしまうため、このようなお返しの場面で金額がはっきりとわかるものは好まないのかな?というイメージがあります。

目上の人からだと特にこのように思われてしまうリスクがあるかもしれません。

金額が伝わってしまっても失礼のない金額をお返しとしていれば大丈夫でしょう。

 

◆気持ちが伝わりにくい

受け取った人によっては商品券のお返しだと冷たく感じるかもしれません。

お祝い金のお返しとしてそのままお金で返されたと誤解されるかもしれません。

このような印象を与えないためにも手紙などを添えて、感謝の気持ちとお返しに商品券を選んだ気持ちを伝えてみましょう。

 

まとめ

 

商品券の方が渡すメリットを感じたので私の結婚祝いのお返しは商品券にしました。

お返しについてどう感じるかは人それぞれですが、なるべく相手に喜んでもらえるものを送りたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です