『彼氏にフラれ仕事もクビ。人生詰んだので「成功の経済学」で運命変えることにした』書評・感想・まとめ

 

私がこの本『彼氏にフラれ仕事もクビ。人生詰んだので「成功の経済学」で運命変えることにした』を知ったきっかけはあるフリーランスの方が紹介していたからです。

小説のように話が勧められているので堅苦しくなく読むことができます。

・もっと人生をよくしたい

・自分をどう変えたらいいかわからない

・自分の判断に迷いがある

・理論的に現実を見つめたい

・ネガティブになりやすい

・不安になりやすい

このような思いがあるあなたへこの本をご紹介します。

 

作者プロフィール

 

柊さんがご自身の人生と向き合った結果、脳科学・心理学・行動経済学を学び感情に振り回される人生から感情をコントロールできる感情美人を目指すようになったそうです。

 

柊さん詳しいプロフィール

本を読んでから柊さんのプロフィールを読むと柊さんの人生経験がこの本には詰まっているんだなと実感することができます。

 

『彼氏にフラれ仕事もクビ。人生詰んだので「成功の経済学」で運命変えることにした』あらすじ

 

主人公は真実。

ジャズピアニストを夢見ながらホテルでピアノを弾く仕事をしている。

ある日突然ピアノの仕事をクビになる。

また、付き合っていた彼氏に浮気をされ別れを告げられる。

そんな人生どん底の真実に蘭堂という男が現れ、人間の心理や物事の捉え方を交えながらセッションしていく。

真実はジャズピアニストという夢に近づくことができるのか…!?

 

人間が陥りがちな心理パターンを紹介

 

本書の中にも人間の心理パターンについていくつか紹介されています。

この心理パターンは本書オリジナルというわけではなく調べてみると出てきますし、感情と向き合っていく中で知っておいた方がいいキーポイントになります。

本書にも出てくる心理パターンをいくつかご紹介します。

まだまだありますが気になる方は本書で確認してみてください。

 

心理パターン①-確証バイアス

 

確証バイアスとは「自分の考えは正しい」と信じたい心理

自分の考えが正しいと証明できるような都合のいい情報ばかりを集めることで、自分の考えを正当化すること。

その情報だけでは自分の考えが正しいとは言い切れないのに都合のいい情報があると自分の考えを正当化させてしまう。

血液型と性格の関係は確証バイアスの1つである。

確証バイアスに惑わされないようにするために思い込みに反する事実を探してみましょう。

 

心理パターン②-損失回避

 

損失回避とは失う辛さは得る喜びより大きく感じることをいい、プロスペクト理論とも言われています。

人はお金やものを損することは同じ価値のものを得るより約2倍痛く感じるそうです。

人はその過程で損したくないという気持ちが強く働きます。

なので、安いからといって無駄にものを買ってしまったりするのかもしれません。

「損をしたくない」という気持ちで行動していくと本当に得たいものに焦点がいきません。

もしかすると「本当に自分が欲しているもの」を見失ってしまうかもしれません。

 

心理パターン③-保有効果

 

保有効果とは自分が今持っているもの、人間関係、社会的地位などを実際の価値より高く感じ手放すことに抵抗を感じる心理のことをいいます。

自分が保有しているものは平均して実際より約2倍高く見積もるとも言われています。

この効果には即効性もあります。

①自分の持ち物に愛着を感じる

②自分が感じる価値は他人も同じように感じるだろう

③失うかもしれない恐怖

 

これら3つの心理が働いてなかなか手放せなくなってしまいます。

貯金をしていて一生懸命貯めたお金はその一生懸命の感情も乗っているため実際の額よりも価値を感じることはありませんか?

この価値をもう一度フラットは視点で見つめ直せると本当に自分に必要なのかどうかを見極めることができてくると思います。

 

心理パターン④-機会費用

 

機会費用とは「そのお金と費用で他にどんなことができたのか」と考えてしまうことです。

これにとらわれると視野が狭くなってしまいます。

損得勘定で動いてしまうからでしょうからかもしれません。

 

心理パターン⑤-現状維持バイアス

 

現状維持バイアスとは損失回避、保有効果、機会費用が合わさって結局「今のままが1番いい」と感じ変化を起こすのが億劫になる心理のことをいいます。

なので、「変わりたいのに変われない」というのは当たり前ですし、誰にでもある部分なんですね。

 

現状維持バイアスから脱する方法

①データを使ってみる

数字や表で可視化することによって客観的な判断ができるようにしていきます。

②客観的な意見を聞く

自分以外の第三者に相談し客観的な意見を聞いてみましょう。

細かく言えば、あなたに無駄な感情移入をしない第三者がおすすめです。

相手から感情移入されてしまうと、あなたがせっかく意見を求めても下心で答えてくる可能性があるからです。

③最もうまく行かないパターンを想定しておく

これはネガティブでいましょうというわけではありません。

あなたが実際に行動してみた時に考えられるパターンを想定しておくことでなんとなく抱いていた不安が可視化されていきます。

④行動してみる

最後はこれにつきます。

スタートラインに立っていきなり走ったり、高いハードルを越える必要はありません。

1歩踏み出してみましょう。

その1歩がとても大切になります。

 

心理パターン⑥-快楽順応

 

快楽順応とは憧れていた生活が日常になると「慣れ」によって幸せを感じられなくなる心理パターンです。

幸せは何をもっているかどうかではなく幸せと感じられるかどうかが大切になってきます。

 

心理パターン⑦-怒りの下にある感情

 

怒りをコントロール出来たらいいなと思いませんか?

実は怒りを感じる時は怒りの下にある感情を探るといいです。

寂しい、分かって欲しい、認めてほしいなどという気持ちが隠れていると思います。

どんな気持ちが隠れているのかは人それぞれです。

あなたの感情にはどんな気持ちが隠れていますか?

 

『彼氏にフラれ仕事もクビ。人生詰んだので「成功の経済学」で運命変えることにした』おすすめポイント

 

小説のように話が進められているのでとても読みやすいです。

出てきた知識や考え方は読み進めているうちに何回も出てくるため本を読みながら知識の復習ができます。

蘭堂とのセッションを重ねながら主人公真実の行動や思考が変化していくので読者も「変われるかもしれない」と希望を持つことができます。

 

『彼氏にフラれ仕事もクビ。人生詰んだので「成功の経済学」で運命変えることにした』まとめ

 

この本は人間の心理の知識だけではなくどのような場面でその知識を活かしていけばいいのか具体的に知ることができます。

私たちが生きていて飲み込まれやすい場合にどうのように物事を判断すればいいのか、判断の仕方までも書かれています。

小説形式で話が進んでいくので読みやすいですし、何度読み直しても価値がある本なのではないでしょうか?

柊りおんさんの今までの人生経験がギュッと詰まった内容です。

仕事もクビ、恋人からフラれる…

そんなお先真っ暗な真実の成長っぷりを実感することで私たち読者も真実のように変化していけると勇気をもらえます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です