嫉妬しやすい人の特徴・心理・性格|嫉妬はする側もされる側も辛い|メンタルコントロールが必要

 

相手がどう思っているのかなんて100%知るすべはありません。

本人に聞いても本当の気持ちを教えてくれるとは限りません。

しかし、相手の雰囲気からなんとなく「こう思っているんだろうな」と感じることはありませんか?

それは今まで多くの人と接してきてなんとなく身についたことかもしれません。

嫉妬しやすいことで職場・夫婦・家族・恋人・友人など様々な人間関係でトラブルになる可能性が高まります。

実際に嫉妬していると無自覚の人もいるでしょう。

この記事では嫉妬しやすい人の特徴や心理を解説していきます。

心理や特徴がわかることで相手からの態度にモヤっとしても「嫉妬か」とクリアになりますよ。

 

嫉妬とは

 

そもそも嫉妬とはどのようなものなのでしょうか。

人類の抱える7つの大罪の中にも嫉妬は含まれています。

それほど厄介なものなのです。

 

1 自分よりすぐれている人をうらやみねたむこと。「他人の出世を嫉妬する」

2 自分の愛する者の愛情が、他の人に向けられるのを恨み憎むこと。やきもち。悋気 (りんき) 。「夫の浮気相手に嫉妬する」

Goo辞書

 

辞書の解説を読むと自分が憧れているものを手にしていたり、自分のものを奪われそうになったりした時に抱きやすいのかもしれません。

私はこの解説を読み嫉妬は1種の防衛本能のような感じがしました。

自分のものが奪われそうになった・自分が傷つきそうになったから危機感を感じて守りに入るという感じたからです。

しかし、嫉妬からいじめ・嫌がらせ・誹謗中傷など相手を攻撃する行動に発展するのがやっかいです。

ただ、嫉妬の気持ちが強いと嫉妬する本人も嫉妬される相手も双方辛くなってしまいます。

メンタルコントロールが必要になってきますね。

 

嫉妬する原因

 

嫉妬してしまう時には必ずと言っていいほど原因があります。

その原因は人によって物事によって違いますが大きく分けると3つに嫉妬する原因を分けることができます。

 

嫉妬する原因①「自分に自信がない」

 

嫉妬する原因の1つめは「自信がない」ということです。

自信に満ち溢れている人の方が少ないと思いますが自信がなさすぎても精神的に不安定になってしまいます。

よく恋人関係で嫉妬をする場面があるかと思います。

それは自分に自信がないことからきているのではないでしょうか。

自分に自信がないから相手が違う誰かを好きになるのではないかという不安を抱き嫉妬になります。

でも、これってまだ起こっていない出来事に対して不安を抱いてるってことですよね。

何が起こるかわからないから不安になってしまうと思いますが、自信がなさすぎると「相手は違う人を好きになるかもしれない」から「相手は違う人を好きになるに違いない」と未来を自分の中で作り上げてしまいます。

これでは、嫉妬する側もされる側もお互いに辛くなってしまうと思いませんか?

 

嫉妬する原因②「思い込みが激しい」

 

嫉妬する原因の2つめは「思い込みが激しい」ということです。

上記でも少しお話しましたが、「こうだ」と自分の中でいろいろと決めつけてしまうんですね。

決めつけてしまうと、その決めつけに対して感情が湧いてきます。

今まで生きてきた中でどれほどの「思い込み」で物事を判断してきたのでしょうか。

相手の気持ちは100%わかりません。

わからないことに対して「こうだ」とあなたの尺度で決めつけるのをやめませんか?

もしかするとラッキーなのかもしれないのにあなたが不幸だと決めつけることでラッキーに気づけなくなってしまいます。

あなたが見えているのは誰かの1部でしかありません。

誰かの1部分だけを切り取ってそのことに対して嫉妬する必要はありません。

 

嫉妬する原因③「他人と比較する」

 

嫉妬する原因の3つめは「他人と比較してしまう」ということです。

キラキラ輝く誰かの姿を見て、自分を振り返ると「自分はダメなんだ」と落ち込んでしまいます。

 

仕事だと特にわかりやすいのではないでしょうか?

同期が先に出世した、自分よりも売り上げがいい人がいるなどが挙げられます。

また、女性だと「若さ」に対して嫉妬する人もいるのではないでしょうか?

つまりは自分が欲しいものを持っている人に嫉妬してしまっていますね。

あの人はあれを持っているけど私は持っていないと感じるからです。

考えてみてください、芸能人など圧倒的に自分よりも輝いている人には嫉妬ではなく憧れを持ったりしませんか?

ということは、嫉妬の原因の比較は誰にでもするのではなく自分と同等・それよりも少し上・それよりも少し下の人にしてしまうことが多いと考えられますね。

 

嫉妬しやすい・嫉妬深い人の特徴

特徴①自己肯定感が低い人

 

 

自己肯定感や自尊心の低さは嫉妬をしてしまう原因の自信の無さにもつながっていると言えるでしょう。

自尊心が低い人についてはこちらから

特徴②張り合ってくる・負けず嫌い

 

張り合う、負けたくないということは言い換えれば「相手より優位に立ちたい」という思いが大きいからかもしれません。

勝負事ではない場面でも内心勝負し、負けると嫉妬してしまうのではないでしょうか?

また、勝負していなくても自分の地位を脅かされると感じてしまうことで嫉妬の心が湧いてくる時もあるでしょう。

特徴③過去に何かトラブルやトラウマがある

 

過去に経験した出来事はあなたのとる行動の原因の1つになります。

自分の恋人が浮気をしていたり、親が不倫していたりと自分や身近なところで何かトラブルを経験していると「そういうものだ」という思い込みが生まれ、相手を疑ってしまうことから嫉妬にも繋がります。

 

特徴④相手をコントロールしたいという思いがある

 

「相手を自分の思い通りにしたい」という気持ちがあり、相手が自分の思い通りにならないからこそ嫉妬してしまうように感じます。

自分の思い通りにならないから、なんであの人が?あの人が失敗すればいいのになどと思ってしまうのではないでしょうか。

 

嫉妬しやすい・嫉妬深い人まとめ

 

嫉妬しやすい人や嫉妬深い人は性格として「嫉妬しやすい」ではないのかもしれません。

嫉妬してしまうのには「自信の無さ」「思い込みの激しさ」「他人と比較してしまう」などもっと深い部分があります。

なぜあなたは誰かに嫉妬してしまうのでしょうか?

なぜあの人は誰かに嫉妬してしまうのでしょうか?

それには今までの経験や環境から出来上がった性格や考え方が関わってきているのでしょう。

嫉妬してしまうことで辛い思いをしたこともあるかもしれません。

嫉妬されることで辛い思いをしたことがあるかもしれません。

嫉妬してしまう側はご自身の心の状態を把握し、コントロールしていくことが大切です。

そのためにはまず嫉妬していることを自覚してみましょう。

自分1人で解決できない場合は信頼できる人やプロのカウンセラーに相談するのも解決する1つの手段です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です