「社会理論と社会システム」勉強方法|社会福祉士科目

「社会理論と社会システム」勉強方法|社会福祉士科目

 

社会理論と社会システムの内容は簡単に言うと社会学です。

大学等で社会学について勉強したことがある人は、この科目は勉強しやすいかもしれません。

この科目は点数がとりにくく、苦手としている人が多いです。

しかし、文字だけをただ覚えるのではなくイメージをしながら勉強すれば点数に結びつくでしょう。

0点科目になる確率もあるので、基礎的なことはしっかりと把握する必要があります。

 

絶対覚えた分野|社会理論と社会システム|頻出

 

◆社会移動

◆主な社会学者

◆合計特殊出生率

◆社会化

◆役割概念

◆フリーライダー問題

◆自殺

 

社会移動

 

社会移動については抑えておきましょう。

 

 

世代内移動:個人の生涯において社会的地位が変わる

 

世代間移動:親と子と世代をまたいで地位が変わる、親子で職業が異なる

 

強制移動:社会が変化することで起こる移動、産業化の進展で農業よりもサービス業が多くなった

 

純粋移動:本人の努力や意思に基づく社会移動

 

水平移動:階層間の移動がない社会移動、平社員が転職しても平社員のまま

 

垂直移動:階層間の移動がある社会移動、ひらしゃが転職して役職のある社員になる

 

SSM調査

 

SSM調査とは社会階層と社会移動に関する全国調査のことであり、1995年から10年に1度行われています。

 

 

◆主な社会学者

 

★コント

★スペンサー

★デュルケム

★ウェーバー

★マルクス

★ブルデュー

★パーソンズ

★マートン

★ゴフマン

★ウェルマン

★テンニース

★マッキーヴァー

★メイヨー、レスリスバーガー

★バージェス

★ワース

★トフラー

★ベッカー

 

これらの社会学者は基礎です。

問題として出てきた場合は、選択肢の内容が難しくない限り正解しておきたいです。

まずは単語を覚え、その後どのようなことを提唱したのかイメージしていきましょう。

学者同士の繋がりもあるので、芋づる式に記憶していくのもいいです。

 

◆合計特殊出生率

 

合計特殊出生率は女性が一生のうちで産むと推計される平均子供数のことであり、15〜49歳までの女性の年齢別出生率を合計したもののことです。

 

◆社会化

クーリー

 

社会学者のクーリーは鏡に映った自我を提唱しました。

鏡に映った自我とは、他者の中に自分の姿を認知しその評価を通して自我感情を生み出し、社会的自我を形成するということです。

 

ミード

 

社会学者のミードは個人の自我が社会化によって役割を取得し、社会的自我に変わることを提唱しました。

 

◆役割概念

 

役割概念はいくつかあり、それぞれ紛らわしく感じるでしょう。

ひとつひとつの違いを理解し覚えることで点数に繋がります。

 

リンク

◆フリーライダー問題

 

フリーライダーとは、費用を他人に負担させるが利益のみは共有する方が合理的な場合に制度にただ乗りをする者のことをいいます。

 

◆自殺

 

自殺の問題は深刻かしています。

自殺者は女性より男性が多い、40代による自殺が最も多い、健康問題による自殺が最も多いなどポイントを抑えて覚えることが必要です。

日本の自殺死亡率は男女共に主要国の中でも高い水準にあります。

自殺の対策については何があるでしょうか?

2006年に『自殺対策基本法』が制定されます。

2016年には改正され、自殺対策推進業務が内閣府から厚生労働省に移されました。

政府は『自殺総合対策大綱』を定めなければなりません。

都道府県及び市町村は自殺総合対策大綱及び地域の実情を勘案し、それぞれ『都道府県自殺対策計画』『市町村自殺対策計画』の策定が義務付けられました。

 

まとめ

 

主な社会学者とその内容を覚えるのは時間がかかるかもしれません。

しかし、そこをしっかりと覚えておくことで他の受験生とも差がつきます。

 

▼参考図書


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です